全日本自転車競技大会トラックレース

acryanaiのヤナイです

静岡市清水区で

アスリート向けのアロマオイルを使った

身体コンディショニングケアと

一般の方向けのアロマテラピーをしています。

9月8.9日に、

伊豆のベロドロームで行われた

全日本選手権自転車競技大会に

チームブリヂストンサイクリングの

トラックチームの帯同をさせていただきました。

トラック競技は

バンクのある(すり鉢状)自転車競技場で行われる種目で、

シンプルな競技自転車で競う競技。

選手の走る姿は選手に触れるほど間近で観る事が出来て、すごいスピード感に走りの駆け引きなど

見所がたくさんのレースです。

今回初めてそのトラック競技のチーム帯同をさせていただきました。

トラックチームは複数の競技に出る選手が殆どで、

競技ごと

自転車のギアを変えたり、ホイルを変えたり、ローラーのアップもその都度で

とても忙しく慌ただしい雰囲気にもなりましたが、身体のコンディショニングケアもその忙しい合間に、選手の要望があればすぐ対応する形で行いました。

忙しい中でもしっかりと結果を出してくる選手はすごいなぁと思いました。

個人パシュートでは

チームブリヂストンサイクリングの窪木選手が優勝

2位に近谷選手

3位に原田選手の1-2-3フィニッシュでした。

タイムトライアルでは

沢田選手が優勝

女子ケイリンでは

太田選手が優勝しました。

パラサイクリングでもブリヂストンの選手が素晴らしい結果を残しておりました。

帯同2日目は

チームパシュートの決勝、個人ポイントレース、

スクラッチ、

そして最後にマディソンがありました。

昨日は

競技が終わるとすぐ三島の拠点に戻り

すぐに選手のケアに取りかかりました。

今日のハードなスケジュールによる身体の疲労、アジア選手権から疲れを引きずっている選手など、気になる部位はしっかりと刺激を入れ、それ以外は全体の体液の流れを良くし、新鮮な酸素、栄養をしっかりと筋肉に運べる様にアロマオイルのチョイスも血液循環を促進させる作用の高いものを選びました。

今回の大会は

チームブリヂストンの歴史の中でも

一番と言って良いほどの成績をおさめる事が出来ました。

2日目の

チームパシュートも、マディソンも優勝。

ポイントレースはダントツで窪木選手の優勝。

スクラッチは沢田選手が優勝!

出場した

全てのレースで勝つ事が出来ました。

そんな

素晴らしい歴史を作った瞬間に、チームブリヂストンサイクリングの選手、監督、メカニックやスタッフの皆さんと一緒に携われる事が出来、本当に感謝したいと思います!

acr-yanai お問い合わせ

申し訳ありませんがACR-yanaiはご紹介優先とさせていただいており、HPからのご予約等はお受けしておりません。
施術ご希望の方は、お手数ですがコチラからお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です